FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すこし息が乱れる程度の

奥を探ったくちづけ

首から

鎖骨

むなもとまで

だんだんと

顔をうずめてゆく



とても、愛しい



言葉だけでは

あらわせないけど

この愛しさは

繋がった底から

込み上げてくる

熱とともに

かたちとして

いっきに

吐き出すよ



どんな世界でも

こうして

言葉は必要で


だからといって

身体なしでは

全部伝え切れなくて



だから

いまぼくは

きみのすべてを

愛そうとしている

前から書き溜めてあった詩を今日2つ書いてみました

今回のはちょっと甘めですね^^*

念のため言っときますが詩に書かれてあることは虚構ですよ笑 きっと(´∀`)

大事ですよね言葉って

女はとくに言葉じゃないと分かってくれない部分が多いですから

世の男どもは大変ですわ笑

だいすきなひとと言葉を交わせる

関係をもつってそれ自体がすごくしあわせだから

日々神サマに感謝することは面倒なので

かわりに思いっきり分かり合ってやりましょうね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lifepoem.blog76.fc2.com/tb.php/8-4cd19eac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。