FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.26 まいご

守ろうとして

足掻いてたはずなのに



失ってから

気づくのは

己の

器の小ささだけ




空を見ようか

迷子になったあとで

過去に頼るのは

もう

やめにしよう



ふたりは

歩く

常に横を

気にしながら



笑って

泣いて


我儘し放題で



だからずっと

この眼に

焼き付けるんだ



永遠って

本当にあったんだね

って

無邪気に笑う

きみが大好きで



そんな夢も叶えたくて


ずっと、


ずっと、ずっと

この希望を


離さないでいたかった




眼を閉じて

脳裏に蘇る

ふたり

寄り添った記憶

かすかでも

信じていたのは



傷つきたくなかった

おろかな自分が

招いた痛み




いまでも

想うよ


会えない日々を

取り返したくて




いつか抱いた

希望を捨てたくなくて



だから僕らは



永遠をやめた



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lifepoem.blog76.fc2.com/tb.php/47-cf7ae01b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。