FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.09 独り
きみは


独りじゃない



どれだけ辛い

試練が待ち構えていようと

きみをひとりになんかさせない



さびしいなら

泣いてよ



どんなときだって

きみを暗闇にはいかせないから




つらい

悲しい

泣きたい



そんなどうしようもない不安の波を



『死にたい』

という

津波に変えないで



目を閉じて

思い浮かべてごらん



きみと一緒に

笑ってくれたひとを


泣いてくれたひとを


歩いてくれたひとを




「ひとりなんかじゃないんだよ」




だれだって

大きな傷をもってる


そしてそれを

癒すために

ひとは恋をする




『不可能』なんて言葉に

意味なんてない



大丈夫だ

きみには

たくさんの見方がいる



ひとりじゃないことを

証明してくれるひとがいる




そしていつか



それが笑顔に変わるんだ

かたちなんかない

確証だって


どこにもない



なのに

「信じる」という言葉が

確かに存在するのは


そこに生きる

あなたの涙が光ったから
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lifepoem.blog76.fc2.com/tb.php/31-e96841c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。