FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07.jpg


ラララララ


ララララ ランラランララ




ララララランララ

ララララランララランラ





目を醒まして


暗闇は

君のおさない涙を 隠してくれる




どれだけの

苦しいことが

どれだけの

生きる力と交換できたでしょう







ちっぽけで


いいと思える


だれのための

自分ではないと



それでもいいと

そう おもえる




手拍子が聴こえてくる


木々の中から


ハーモニーをのせてくれる


合唱する禽(とり)たちが





振り返らなくていい

握り締めなくていい


しづかに あるいていこうよ



手をつないで

君がこの先

それ以上の瘡蓋を

ひざにつくらぬように



それ以上の

悲しみをひとりで

背負うことのないように





抱きしめる


ぼくは


君が二度と


生きる意味を理由で


にごさぬように






跪く そのわけが

“理由”なんかで


ないようにと




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lifepoem.blog76.fc2.com/tb.php/170-1e15f87d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。