FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.20 偶然なる奇跡
偶然は、日常に頻繁に起こる。

もしかして 自分をとりまくすべての出来事が

たんなる「偶然」なのかもしれない。

だれかを好きになる。懐かしい人に出会う。空が近づく。雨が舞い降りる。


ぜんぶ ぐうぜん


でも、その言葉は「奇跡」という言葉にも置き換えることが出来て。

想い泣く、新しい出合いに恵まれる、空が遠くなる。雨があがる。


ぜんぶ ぜんぶきせき。




この2009年を迎えた元旦の朝、一通のメールが届きました。

いまも仲良くさせていただいている、大切な人。

なぜかその方とはよくフィーリングというか、本当に阿吽の呼吸の如く気持ちが似通っていて(笑)

何回か二人のそういう「偶然」に恵まれていました。


新年らしい朗らかで新鮮な気持ちを綴る文、

今年もよろしくとのあいさつの言葉・・・



笑顔で眺めながら、たまたま音楽を聴きながら何の気なしに読んでいました。


ボタンを下まで走らせていくと、最後の一文に・・・

なんとそのとき聴いていた音楽の詞と贈ってくださった言葉と一致したのです。

言葉を読むはやさと同等の速度で同じ詞が声となって流れてきて。


彼女は言葉にして、音にのせて 伝えてくれたのだと思うと、涙がとまらなかった(笑)

自分の思い込みかもしれない。

ひょっとしたら「たんなる偶然」かもしれない。

でもそんな憶測より先に、光のはやさでいちばんに


私にだいじなことを教えてくれたようでした。




どれだけの人が、こんにち悩み、苦しみ、叫び、葛藤して、涙を流すのか。

どれだけの人が、喜び、笑い、励まし合い、助け合って、道を歩むのか。


偶然。 それはだれかからの贈り物。 ギフトなんだと気づかされました。

奇跡。ひとりで成し遂げるのではなく、あなたのてのひらの体温を感じながら。







t70-400a.jpg


「 君とだから探せたよ。
僕の方こそ ありがとう。
 」




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lifepoem.blog76.fc2.com/tb.php/145-e027e266
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。