FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.26 甘い罠
strawberry.jpg

謝る気はない



きみが

あまりに気持ちよさそうに

寝息を

たてているから





最初は

ほっぺたをつねってみる


まだ、起きない


次に

ほっぺたを

ぺちぺちと 叩いてみる


これも、効かない





俺も寝たいよ

占領されてるベットですら

きみを いだいて

嬉しそうに 佇んでいる



そんな光景が

おかしくて

へんで







ねぇ



きみを閉じ込めて

この腕に

所有したなら



これから少しは

広いスペースで

眠りにつけるだろう







謝る気なんて ない


きみが

悪い


そんなかわいく

寝るから




謝る気なんて

ないよ
... more?
スポンサーサイト
2008.10.26 希望の花びら
n03-300.jpg

あぜ道に咲く

あの透き通る蒼を


なんど 拝めば

感動を

失くすのか





息詰まる

呼吸のしづらさを


自らが麻薬で煽って


さらに

咳き込む

形に追い込んでる




自由に生きたいと

いいながら

僕はまだ

だれか、ではなく


自分すら

信じられずに

いるんだ


2008.10.26 願仰ぎ
m15_2.jpg


悲しみの先に

見つけるのは

生きる喜び



あってほしい






戦いの先に

わかるのは

平和の大切さ



あってほしい





to..

もう

自分という

存在を


あらゆる紙に

サインできる


年頃になると

見えてくる




どこか

視界が狭まったり


道を簡単に

人に

尋ねようと

弱みを

見せて しまうこと







楽じゃないよね

「ひと」の前で

常に

笑顔を絶やさないこと


子供のように

ぐずって

過ちが 許されるのであれば





それは

理不尽






ねえ

せめて私が

前を向くまでは

聴かせて



偽りの無い

やさしい

こもりうた







この

冷たい涙が

左ほほを伝って


枕元に

とけこむ


まで

7.jpg
2008.10.20 刹那
cos01.jpg

あなたには

守るべき

人がいて


譲ることの

できない

想いがあって




そんなあなたを

尊く おもう



そして私には

ない


あなたの

ぬくもり

やさしさ が


決して

私には

向けられないことを



同時に

儚く おもう





ひとは

幾度高い夢を見れば

泣き疲れて

謝り疲れて


ひとを

傷つけることを

やめるのだろう





ごうまん

という言葉が

似合う 私だよ



あなたの

やさしさが

憎くて


あなたの

一途さが

綺麗すぎて







もう

どんな言葉も

葛だよ
2008.10.05 寂び
150-82.jpg

やんわりとした

その笑顔に


いっしゅん、

なにもかも を

忘れてしまう






つながる

吐息と影に

僕の優しさも

伝わっては

いるだろうか




どれほど

きみを想えば



きみは きみから

ぼくを

望んで

くれるのだろうか





男の

せっかちな欲望が

先に

きみを締め付ける

その前に





なぁ


いつか

ぼくのことを


きみから


求めてくれて


いて ほしい
2008.10.05 自慰
m48_2.jpg

あなたには

到底

ふさわしくない

有名なラブソングの

オルゴールを

あなたは

いつでも

持っていた




俗に言う

あなたとの

生殖行為は


なまぐさい

血のにおいが したわ



まるで

それしか

やることがないような


夜でしか

自分の価値を

見出せない

ような



そんな悲しい

愛撫が



あなたの首筋から

滴る汗と

ともに




光っていた
2008.10.04 バニラ
100-69.jpg


僕が想うより

ずっと君は素敵で



きみが想うより

ずっと僕は平凡で






クリーム色の

世界から

虹色の

明日を探しにいこう




話、聞いてないんじゃないの?


そんなきみの

ふてくされた横顔も

きっと

僕の笑顔の

理由のひとつになる






吐息が

死ぬまでえいえん、に

止まらないように


僕と きみも

互いをずっと



見つめられていたなら いい
2008.10.04 ###
m150-98.jpg



“来る者拒まず”



“去る者追わず”





アナタって

そんな感じでしょ?


2008.10.04 濡れない情愛
37ka-ten-5.jpg


あなたはいつも

慣れた手つき




私はただ

されるがままだけど



胸に蹲って

こぼす

甘く、しめった吐息は

守ってあげたくなる



弱弱しい叫びのようで





なににも

変えられない






笑顔を絶やさない

その濃密な皮膚の

1ミリ裏では


憎悪と 嘲(あざけ)に


満ちているのね







なにもかもを

奪い合う

なにもかもが

互いの細胞に

属するように




なにもかもを




慣れない愛のことば

、で

うばい あう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。