FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.27 感情

いまさら

過去を敬ったって


手に入るのは


空虚さだけで




遠い遠い

記憶に思える

忘れもしない


黒に隠れた手




なにひとつ

だれひとり


掴んではいけない手





その手で

なにをしたの

その手で

なにを奪ったの



その手で

誰が涙を落としたの




残ったのは

やっぱり

虚しさだけで



悲しまないでください


私という 存在に

価値などもう

ありもしない



止めないでください

しょせん黒色は黒でしか


隠せない





だから みずから

咎を望んだ


糞まみれの

現実味のない腐敗の世界





そこで涙は

呼吸は

しないように

すべてを殺した



はずなのに



あなたは言った


あの日

涙を流しながら言った




握ってくれる


その手は


あたたかくて


わたしには

勿体無くて


余計に悲しくて




いま


生きていることが


悲しすぎて




嬉しすぎて…



心にからまった


棘がほぐれるように



... more?
スポンサーサイト
2007.05.17

あなたの目の前にある都合

その都合は決して

自分のためだけのものじゃない

常に周りに影響する

どんなことでも。


あなたが言った一言が

あなたが支えた重さが

たくさんの人々を


きっと救うでしょう。




しかしあなたは

「良いことをした」と

自覚しないでください


心にはいつも

「良いことをしよう」です。


自分をわくにはめるな

永遠や神を信じないかわりに

不可能がないことだけは

この心臓がはじけ飛んでも

忘れないこと




人を殺すことは

いけないことです


言うだけじゃ伝わりません

じゃあ実際に

人を殺した人の末路を

見届けよう


人を殺して達成感を感じるのならば


なぜ良いことをして空虚さを感じる?



これが人類の


矛盾










わたくしはきれいな理由は

持ち合わせておりません


しかし


つまずいたときの

涙と決心だけは



ただ美しいと感じるのです
2007.05.12 罪と死

孤独



ひとは生まれた

その時から

着実に

死へと歩を進めてゆく



そこで学ぶのは

人としての

死に方だけ



どんな繋がりも

私たちは

断ち切ってしまえる

奥深くに宿した

心 という名の

場所がある



その心 は

ひとり殺せば罪悪感に

しかし

大勢を殺してしまえば


英雄と 誇る





いのち





愛すべきひとよ

私たちは

生まれた時から

孤独なのに

なぜ他の心に

入り込もうとするのか



欲深き人々

神が与えし罪なる人々




ひと・ひとり

殺す勇気など



初めは無いのに


20061118232633.jpg

2007.05.12

本当に

大切なことは

失ってから

気づく



だれもが

知ってる



そんなことを

ぼくらは

罰をうけなければ

本当に理解できないんだろう




きみが残したことば

ぼくを

止めようとする

本気の目



感覚が麻痺してんだ

なにをしたって

だれも

ぼくを見てくれないなんて



後悔の記憶を辿って



蘇るのは

きみの涙



左胸が

やけに苦しくて

ちぎれそうなんだ



なぁ

こんな気持ちになるのは

きっと

きみのせいだね




あの日

空の澄み渡る

夏の日



ぼくらは

手を血に染めたんだ


20070513113657.jpg

2007.05.12

いままで

守ってきた壁が

ガラガラと

崩れ落ちた



もう鎧はいらない

隠していたって

なにも見えないだろう




怖い


怖い




涙は止まることを知らない


嘘で塗り固めた

もろく、弱い

私の心は

いつの間にか


スキをつくっていたよ



自分を信じれない

あなたを信じれない


これほど

悲しいことはないだろう



だれかに素顔見せたって


救われる気がしなかったから



そうやって

ひとのせいにしてたよ



醜かった自分

ごめんね



でも

見方だって

言ってくれてありがとう

冷たい手を

握ってくれてありがとう





そこには

たくさんの

たくさんの

愛にあふれていました


20070513112134.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。